金額が変わる理由

塗料の種類や塗装回数で変わる

外壁塗装の費用は、塗料・養生の資材代、足場代、工事代などで構成されています。そして外壁塗装工事の見積り書には、「平米単価」と言われる1㎡あたりの単価が記載されているはずです。
30坪から40坪程度の2階建て住宅で、外壁と屋根を同時に塗り替える場合、その費用相場は80万~120万円程度だと言われています。塗装の費用は、外壁面積と塗料の単価によって決まりますので、外壁面積がわかれば費用の目安をある程度予測することも可能です。
延坪×3.3×係数=外壁の面積。外壁の面積×塗料の単価=塗装費用。この計算式にある「係数」には、1.2をあてはめると良いでしょう。一つめの式で外壁の面積を算出し、そこに塗料の単価をかけたものが、塗装費用となります。
もちろん実際に外壁塗装業者が計算する場合には、きちんと建物を測ったり、図面から計算したりします。そして金額が変わる理由としては、塗装に使用する塗料の種類や、塗装を行う範囲、回数などがあります。

見積書を良く確認

外壁塗装で使う塗料は、種類によって値段が大きく異なります。しかし高い塗料は塗り替え回数が少なくて済むので、安さだけを重視選ぶと、結果的には割高になってしまう可能性も。ですから見積書を手にしたら、次の点を良く確認しましょう。
まず、塗料のメーカー名・商品名が明記されているか。同じシリコン塗料でも、メーカーによって価格が異なります。またシリコン樹脂の含有量や化学結合の強さなども、メーカーによって違いがあるため、品質にも差があります。
次に、塗装面積が「㎡」表記になっているかどうか。どれぐらいの範囲塗装をするかは、塗布量、使用する塗料の量を算出するために必要な数値です。つまり塗装面積が㎡単位で記載されていれば、きちんと塗布量が算出してある証でもあります。使用する塗料の缶数が明記されているかどうかも重要です。使用する塗料の量は各塗料メーカーによって決められており、規定量より多くても少なくても、施工不良につながる可能性があります。