安すぎ・高すぎに注意

塗料の種類や性質で耐久性に差が

外壁塗装の適正価格とは、一体いくらくらいなのでしょう? 恐らくあなたの家のポストにも工務店などのチラシが入っていると思いますが、業者によって金額はまちまちでかなりの開きがありませんか? これではどの金額が適正なのか、わからなくなってしまいますよね。
外壁塗装の金額の差は使用する塗料の種類によって大きく異なります。一口に「塗料」と言っても種類は多く、この塗料の種類が塗装の品質を決めるといっても過言ではなく、ズバリ「耐久性」に影響するのです。
塗料の種類や性質によって工事費用だけでなく、塗装の耐久性、すなわち外壁を長持ちさせる上で大きな差がでてしまいます。例えば標準的な2階建て、建て坪は約20~30坪の一戸建ての場合。アクリル樹脂系だと60~110万円、ウレタン樹脂系であれば75~125万円、シリコン樹脂系ならば85~140万円、フッ素なら150~250万円します。業者によってはこの金額を、延床面積で算出する場合もあります。

安すぎ・高すぎに注意

外壁塗装の耐用年数は、どのような塗料を用いるかによって違ってきます。 塗料によりさまざまな用途があり、どれを用いるかはその建物の現在の状況や考えられる災害、見た目で決めますが、安すぎ・高すぎの金額には十分注意しましょう。
「アクリル系」の塗料はコストが割安で済むため、コストパフォーマンスに優れています。しかし、耐用年数は5年~8年程度とされています。「ウレタン系」塗料は、アクリル系よりも紫外線に強く、水弾きが良いとされ、耐用年数は6年~10年と言われています。「シリコン系」塗料は紫外線に強く高価になりますが耐用年数は長めで、8年~15年程度となっています。「フッ素系」塗料は外壁用塗料としてはもっとも耐用年数が長く、12年程度~20年程度も持つとされています。
また「タイル」は、耐候性・耐久性・耐火性に優れているのが特徴です。汚れがつきにくく色落ちや劣化の心配も少ないため、メンテナンスがほとんど必要ないことも魅力です。